イベント紹介 上映&トーク「この世界の片隅に」

この世界の片隅に

観客200万人超!今なおロングラン上映が続く珠玉のアニメーション作品
制作プロデューサーを迎えて制作秘話を!


アニメ「この世界の片隅に」は、2016年11月の封切り時に62館だった上映館が次第に規模を増し、2017年8月には累計360館、観客動員130万人を超えました。
片渕須直監督が原作に惚れ込み、高密度の取材や制作費をクラウドファンディングを利用して集めたことも話題に。現在では北米など世界各国での上映が始まっています。
もう1度観たくなる「この世界の片隅に」を第七次 米子映画事変で上映。
さらにプロデューサーの真木太郎さんをお迎えし、映画化の裏話を交えてお話をうかがいます。

上映&トーク「この世界の片隅に」

日時:10月15日(日) 12:15~15:15(開場11:45) 
会場:米子市文化ホール「イベントホール」
要フリーパス

【開場時間についてのご注意】

この上映前に「天下一妄想会議 この世界の中心へ」というイベントを、10時から11時45分まで同じ会場で開催しています。
前のイベントからの客席入れ替えは行ないません。
(「天下一妄想会議」をご覧の方は、終了後に会場を出ることなく、そのまま「この世界の片隅に」をご覧いただけます。)


【出演者】
真木太郎さん
真木太郎
映像プロデューサー。主にテレビおよび映画のアニメーション作品を多く手掛ける。
東北新社、株式会社パイオニアLDCを経て株式会社ジェンコを独立開業、数々の作品のプロデュースや企画に携わり、2016 年に上映開始の「この世界の片隅に」は、現在も日本だけでなく世界各地でロングラン上映されている。
新プロジェクトとして「パトレイバーEZY」の制作がアヌシー映画祭にて発表された。

MC
赤井孝美
赤井孝美

(c)こうの史代・双葉社/『この世界の片隅に』製作委員会