「ぷち協賛」…イベント会場でメッセージを!

プチ協賛
第七次 米子映画事変では、一口5,000円からの協賛のほか、当日限定の「ぷち協賛」もあります!
各イベント会場にメッセージカードを用意しています。
名刺サイズのメッセージカードは300円、ハガキサイズのメッセージカードは500円。
作品の感想やゲストさんへのメッセージをご自由に!
あなたの声をゲストさんに直接届けるチャンスです!!
お気軽にご利用ください。


イベント紹介 フィナーレ

フィナーレ
また来年、ここで会いたい!

みんなで一緒に最後のひと騒ぎ!
ゲストのみなさんとお話しできるかも!?

今年のキャッチフレーズは
「ここでわたしは『  』と出会う」
あなたにはどんな出会いが?

フィナーレ

日時:10月15日(日) 15:30~16:30
会場:パティオ広場(商店街「元町サンロード」内)
無料イベント

【出演者】
アニメ会(国井咲也さん・三平×2さん・ひがもえるさん)
岡本みね子さん
斎藤裕子さん
杉作J太郎さん
佐伯日菜子さん
田口清隆さん
Chelip
西浦和也さん
真木太郎さん
三上丈晴さん

(出演のみなさんは変更となる場合があります)


イベント紹介 天下一妄想会議「この世界の中心へ」

天下一妄想会議
ぼくの考える最強のヨナゴ

全国各地で開催される「まちの活性化」をテーマにしたシンポジウム。
しかし「現実」という枠にアイディアは小さくなりがち…

そこで米子映画事変はその枠を取り払います!
パネリストはクリエイターのみなさん。
「こうなれば楽しいのに」「こんなことすればおもしろいのに」という「夢」を語っていただきます。
「そんなことできないよ」という制約一切なしに、です。
夢だけど、夢じゃない。「最強のヨナゴ」がここからスタートします!

天下一妄想会議「この世界の中心へ」

日時:10月15日(日) 10:00~11:45(開場09:30) 
会場:米子市文化ホール「イベントホール」
要フリーパス

【パネリスト】

杉作J太郎(映画監督・タレント・漫画家)
田口清隆(映画監督)
西浦和也(作家・ライター)
真木太郎(プロデューサー)

コーディネーター:赤井孝美
アシスタント:Chelip


第10回全国自主怪獣映画選手権<米子大会>上映作品発表!

第10回全国自主怪獣映画選手権米子大会
2014年に第四次 米子映画事変で始まり、記念すべき第10回大会を第七次 米子映画事変で開催する「全国自主怪獣映画選手権」。
10月14日の選手権で上映される11作品が決まりました!

「リトル」(監督:名久井晨)
「カミラエピソードゼロ 予告編+」(監督:伊藤圭司)
「空」(監督:豊住耕一)
「大快柔フグラス ~襲撃編~」(監督:若林正寿)
「大怪獣ミドリコング」(監督:ももたりょう)
「ツソ・ゴジラ」(監督:山本典)
「大怪獣ゲコルノギラス」(監督:山本典/南野克太)
「やったか!?」(監督:黒川陽平(Y1)/黒川祥宏(Y2))
「突撃!ドラゴンザウラー」(監督:田中まもる)
「U.M.B.F unidentified monster blitz force」(監督:山下武昭)
「女兵器701」(監督:田口清隆)

田口清隆監督によると、「万一時間が余ったら上映するスペシャル映像も用意してますよ」とのことです!

第10回全国自主怪獣映画選手権<米子大会>は、10月14日(土)12時からガイナックスシアター ホールBettyで開催です。
>> 第10回全国自主怪獣映画選手権<米子大会>


「この世界の片隅に」上映&トークについてのお問い合わせと回答

第七次 米子映画事変2日目の10月15日(日)に開催する「この世界の片隅に」上映&真木太郎プロデューサートークショーに関し、たくさんのお問い合わせありがとうございます。
よくいただくお問い合わせと、それに対する回答です。

Q.入場料はいくらですか?


A.「第七次 米子映画事変」3日間全イベント共通のフリーパス 2,000円(税込)です。
  中学生以下は無料です。

Q.フリーパスではなく、このイベントだけの入場券はありませんか?


A.フリーパスのみとなります。ご了承ください。

Q.フリーパスはどこで買えますか?


A.事前販売は
  ・ガイナックスシアター(イオン米子駅前店3階)
  ・ヨナゴフィルム(法勝寺通り商店街・DARAZ CREATE BOXとなり)
  ・e+(イープラス)
  で行なっています。

  >> 第七次 米子映画事変フリーパス、事前発売のおしらせ

  当日、会場の米子市文化ホール(イベントホール)でも販売しますが、
  フリーパス購入後にお並びいただくことになりますので、
  事前購入をおすすめします。

Q.上映は何時からですか?


A.10月15日(日)12時15分からの1回のみです。
  開場は11時45分ですが、次のQ&Aもあわせてご確認ください。

Q.指定席ですか?


A.全席自由の先着順入場となります。
  ただし、この上映前に「天下一妄想会議 この世界の中心へ」というイベントを
  10時から11時45分まで同じ会場で開催しています。
  前のイベントからの客席入れ替えは行ないません。

  (「天下一妄想会議」をご覧の方は、終了後に会場を出ることなく、
   そのまま「この世界の片隅に」をご覧いただけます。)

Q.入場整理券はありますか?


A.ございません。
  前のイベントからご入場いただくか、開場前にお並びいただくことになります。
  ご了承ください。

お席は約200席をご用意する予定ですが、立ち見、もしくは入場制限とさせていただく場合もございます。
あわせてご了承ください。

その他、ご不明な点は、第七次 米子映画事変実行委員会事務局にお問い合わせください。
電話:0859-21-5281
メール:info★yonago-eiga.com
(スパム対策のため、「@」を「★」で表記しています。お手数ですが、メールソフトにコピー&ペーストの後に半角の@に変更してご利用ください。)


「第7回3分映画宴」招待5作品決定!

10/14「第七次 米子映画事変」1日目に開催する「第7回3分映画宴」、
上映する33作品の中から、招待5作品が決まりました!

【米子招待作品】


「きりみと暮らした」(松田啓子監督)

「豪華な食事 -Luxurious meal-」(千田伸行監督)

「だい」(とうゆう監督)

「化け猫ダンス」(小林香鈴監督)

「オタズネモノ」(比留間未桜監督)

5作品の代表の方 各1名を上映当日、米子にご招待します。
(ただし、米子招待作品が受賞するとは限りません。「この作品をつくった人に直接会って語り合いたい」と感じた方をご招待しています。)


第七次 米子映画事変フリーパス、事前発売のおしらせ

10月13日(前夜祭)14日・15日開催の第七次 米子映画事変、
有料イベントをご観覧いただく際にはフリーパスが必要となります。

フリーパスは1枚2,000円(税込)で、3日間通してお使いいただけます。
(中学生以下無料)

フリーパスは、e+(イープラス)で先行発売中
e+「第七次 米子映画事変」

そして、ガイナックスシアターとヨナゴフィルムでも事前発売を行なっています

ガイナックスシアター(イオン米子駅前店3階)

  販売時間 13:00~19:00(水曜休み)

ヨナゴフィルム(米子市法勝寺町69 DARAZ CREATE BOXとなり)

  販売時間 10:00~17:00(平日のみ)

また、米子映画事変当日は、有料イベント開催会場での発売も行ないます。


【速報!】第7回3分映画宴、上映作品決定!!

10月14日(土)「第七次 米子映画事変」1日目に開催する「第7回3分映画宴」

当日に上映する作品の選考会を、9月18日にガイナックスシアターで行ないました。
決定した33本は、次の作品です!

運命の人
監督:河村永徳(東京都)

ゴーストゴイスト
監督:木場明義(東京都)

ようこそ地球侵略部へ
監督:木村行雄(鳥取県)

Bright Future
監督:山村もみ夫。(神奈川県)

MAGI☆COP
監督:中川信雄(大阪府)

GUARDIAN(ガーディアン)
監督:儘田 聰(奈良県)

お蔵入りAV
監督:藤岡真衣(東京都)

まぜこみオオサンショウウオ
監督:川村密善(三重県)

▭の日
監督:一田久作(大阪府)

おまじない a spell
監督:長谷川光徳(大阪府)

潜入!アイドル自宅訪問!
監督:三重野広帆(東京都)

なにかのトリガー
監督:須藤 信(福岡県)

きりみと暮らした
監督:松田啓子(神奈川県)

勇者マルダシーノむーちょ
監督:橋本誠史(大阪府)

豪華な食事 -Luxurious meal-(ラグジュアリアス ミール)
監督:千田伸行(大阪府)

きっかけのありか
監督:黒田航大(大阪府)

Turnover
監督:石倉俊宏(福井県)

だい
監督:とうゆう(兵庫県)

化け猫ダンス
監督:小林香鈴(神奈川県)

オシャレになりたい!ピーナッツくん
監督:ピーナッツくん(滋賀県)

ヤンキーハムスター 番外編「かけら三竦み」
監督:Piso Studio(東京都)

マーくん誘拐事件
監督:駒井俊彦(東京都)

滑舌悪男のラブロマンス
監督:高下弘路(鳥取県)

自転車安全5つの誓い
監督:米子高専放送部(鳥取県)

リーゼントさんどこへいく?
監督:しょーた(神奈川県)

かなちゃんの残業
監督:村嶋 容(埼玉県)

なっとう陰陽師‐鵺(ぬえ)の巻
監督:桜井瑛二(京都府)

RUN&RUN
監督:江口陽向(佐賀県)

SCANDAL
監督:坪川栄一郎(福井県)

オタズネモノ
監督:比留間未桜(茨城県)

雨女
監督:Neiki(鳥取県)

Sweet Farewell
監督:ソエジマックス(大阪府)

浅野とピースと雨
監督:伊藤啓太(千葉県)

掲載は受付順です。当日の上映順とは異なります。
また、当日、米子にご招待する5作品の監督さんは、改めて発表します。

【リンク】
>> 第7回3分映画宴


イベント紹介 事変メシ!屋台カーニバル

米子映画事変は思ったよりも会場を歩き回ります。
歩き回ると、お腹が空きます。
でも、大丈夫!
今年も商店街のパティオ広場に魅力的な食べ物の数々が!!
ガッツリ喰うもよし、小腹が空いたときにちょっとつまむもよし。
米子でしか味わえない「あのメニュー」もありますよ!

のむさん家

のむさん家
昨年、大好評だったジャンボからあげ再登場!
もう食べた方も、まだ食べてない方も、ぜひ!!
塩タンと肉巻き棒、チョコバナナで映画事変を盛り上げますよー!



焼き肉 黒

焼き肉 黒
米子市公会堂横にある焼肉屋です。
和牛焼肉丼と牛すじ丼を販売します。
冷たいビールもありますよ!
食べて!飲んで!一緒に映画事変を楽しみましょう♪



おらほや

おらほや
「おらほや」は、2015年11月に西伯郡伯耆町にオープンしたお店です。このたび、米子映画事変に初出店!
「おらほや」の意味は、
「おらほ」…東北弁で「わたしたち」
「や」…「お店」
「わたしたちのお店」(我が家のように使ってください)という思いが込められています。
宮城の食材、鳥取の食材にこだわって、会場では鳥取豚タン炭火串焼きと大山鶏の炭火焼きを販売します。是非「おらほや」まで一度いらして下さい!
「おらほさ、きてけさいん♪」(宮城弁)



米子のソウルフード

米子のソウルフード
米子ならではのメニューが今年も登場!
いなり寿司に見えるけど、実は炊き込みごはんの「いただき」、
そして「No 春雨,No 茶碗蒸し」、春雨入りがあたりまえの米子の茶碗蒸し!
どちらも数量限定です!!

また、10月14日(土)13時~17時にパティオ広場で開催される「ワンダーライブ」でも、カレーや焼き菓子の販売があります。

屋台で買った「事変メシ」は、パティオ広場向かいの休憩所(田口種苗園)への持ち込み、もちろんOKです!

【ちょっと残念なおしらせ】
毎年繰り出される想定外のメニューにファンも多い「杉作J太郎と男の墓場プロ」のみなさんによる「炊き出し番外地」ですが、今年は杉作さんが10月14日に事変会場にいらっしゃらない関係で、炊き出さないことになりました。ご了承ください。


「第七次 米子映画事変」公式ガイドブックができました!

第七次 米子映画事変 公式ガイドブック

第七次 米子映画事変を楽しみつくすためのマストアイテム、「公式ガイドブック」が完成しました。
今年はページ数 大幅増の32ページ!
米子映画事変だけでなく、「ヨナゴワンダー!」のイベントも載っています。
とにかく早く欲しい!という方は、こちらからダウンロードを!

>> 第七次 米子映画事変公式ガイドブック (PDF・16.6MB)

米子市内のご家庭には、9月末から10月あたまにかけ、米子市広報紙と一緒に配られる予定です。

なお、佐伯日菜子さんご参加浅生鴨さんサイン会 は、ガイドブック作成後に決定したため。載っていません。
口コミやSNSなどでの情報拡散にご協力お願いします。