活弁マンガまつり 斎藤裕子×女神十神

Posted on

スタッフ旬です。

サァサァ、米子映画事変までもう幾日も無いですが、活弁マンガ(カツメーションと呼称しております)制作が佳境を迎えております。
そう、まだ制作中なのですよ!!

水木しげる大先生の短編&米子産ヒロイックファンタジー『女神十神』という、いずれも鳥取ゆかりのマンガ作品を活動弁士の語りで上演するこのライブ、単なるマンガのスライド上映と思うなかれ!

弁士さんならではの語りに合わせ緩急効いた場面転換、シーンによっては音楽やエフェクトもかけられ、まさに“カツメーション”と呼ぶに相応しいクオリティとなります!(なるハズです!)

『女神十神』は米子映画事変参戦4年目にして、地元に因んだ新作が作れないかと思いを馳せていた斎藤裕子弁士の目に止まり、原作者の寺西先生へ活弁化のラブコールを送った事から企画がスタートしました。

カツメーション制作に当たっては、まず一度マンガを読みながら録った斎藤弁士の声に合わせ、寺西先生側で動画を編集、それに合わせて再度斎藤弁士に語ってもらい、動画をベストなテンポに修正を加える・・・という非常に手間のかかる手法を取っています。

image
動画のテンポを確認しつつ声録りをする斎藤弁士inカラオケ屋

なにしろ登場人物もバトルシーンも多いので、斎藤弁士が上演に使うエネルギーは凄まじく、長篇の「鞍馬天狗」をも凌駕すると言います。

活弁・女神十神『カミの国から来たスセリ』はスセリやナムジよろしく命がけの活弁となりそうです・・・!

活弁マンガまつり」をお楽しみに!!



活弁マンガまつりのチラシが出来ました!

Posted on

スタッフ旬です。

地元ゆかりのマンガ作品を活動弁士による語りで上演!!
「活弁マンガまつり」のチラシデザインが完成しました。
近日中に刷り上がってくる予定ですが、先行してお見せします!

katubenmanga_fixkatubenmanga_fix_ura

活弁マンガまつり
※「カツメーション」のルビは赤井さんの粋なアイディアです!

斎藤弁士は米子在住スタッフによって制作・シリーズ展開中の神話ファンタジー『女神十神』に、坂本弁士は水木しげる大(おお)先生の短編から、水木流幸福論『幸福の甘き香り』と、水木少年と境港のガキ大将達との抗争を描く『花町ケンカ大将』に―
それぞれ新たな命を吹き込みます!!

日時 2014年11月2日(日)
   10:30開場 11:00開演
会場 イオン米子駅前店3階「ガイナックスシアター」(ホールBetty)
   〒683-0043 鳥取県米子市末広町311
入場 米子映画事変全イベント共通フリーパス
   全日フリーパス:\2,300(前売り)\2,500(当日)
   1日フリーパス:\1,000(当日のみ)

【弁士】

yuuko_saitouraikou_sakamoto

斎藤裕子
旅回りの役者に憧れなぜか劇団ひまわりへ入団。昼は劇団夜は定時制高校に通いつつ、ヒロインを射止め念願の全国公演。退団後は劇団影法師で中国や東南アジア諸国へ巡業、水芸公演のアシスタントを勤めた後、2001年に活動弁士としてデビュー。翌年、澤登翠門下生となる。米子映画事変には第一次より参戦。アニメ『天元突破グレンラガン』の活弁を経て、今年は活弁マンガに挑戦。宴会芸?『千と千尋の神隠し』で全国公演するのが夢。 無声アニメから洋画や時代劇まで、幅広いレパートリーに新ジャンルが加わる。

坂本頼光
少年時代は漫画家志望で、水木しげる作品に傾倒。ひたすら妖怪の絵ばかり描く日々を送るも、中学二年頃より映画熱にとりつかれ、やがて活動弁士を志すようになる。1997年に『鞍馬天狗』で初舞台。2012年12月、正式デビュー。以降、時代劇作品を主に活弁ライブを行う。近年は自主動画やイラストを使った活弁でお笑いライブ、寄席に出演する傍ら、アニメの声優、CMナレーション等、活動の幅を広げている。水木作品は2011年に一夜限りで特別上演した『原始さん』に続いての挑戦となる。

【一幕】

☆『お猿の艦隊』
1936年 横浜シネマ商会作品
監督:宮下萬蔵 弁士:坂本頼光

☆『忍術千一夜』
1939年 大都映画作品
監督:大伴竜三 弁士:斎藤裕子
出演:近衛十四郎/高原富士子/水川八重子

☆『東京行進曲』
1929年 日活太秦作品
監督:溝口健二 弁士:坂本頼光
出演:夏川静江/一木礼二/小杉勇

【二幕】

☆『女神十神』
2013年8月~ 刊行中
原作:寺西竜也 漫画:小村博明 弁士:斎藤裕子

☆『幸福の甘き香り』
1965年 月刊ガロ5月号初出
漫画:水木しげる 弁士:坂本頼光

☆『花町ケンカ大将』
1978年 週刊少年キング9月11日号初出
漫画:水木しげる 弁士:坂本頼光

企画・製作/第四次米子映画事変
企画協力/株式会社水木プロダクション 株式会社ラ・コミック

話芸とマンガのコラボによる新作演芸「活弁マンガ」を是非、お楽しみください!!



活弁マンガまつり!!

Posted on

久っし振りに書き込みます!
スタッフ旬です。

先般開催された第零回「ベ式蹴斗」、盛況だったようですね!
早くも10/12に第一回の開催も決定したそうで、ようやく時代が便サンに追いついて来たと感じています。(その日渡米出来ないのが悲しくてなりませんが!)

さて、あと一ヶ月で第四次米子映画事変が起こります!
今年も様々な企画が控えておりますが、私が担当させて頂いているイベントを紹介します。
毎年恒例となった活動弁士公演です!
※活動弁士とは!?
まだ映画に音声が無かった時代、上映は登場人物のセリフや情景を語る解説者無しでは成立しなかった!それが活動弁士!
かつて日本に7,500人いたとされる活動弁士も、現在では10人を数える程度である。
今では貴重となったその名調子も活動弁士による映画鑑賞の楽しみなのだ!

第一次米子映画事変では斎藤裕子弁士による無声映画の王道「鞍馬天狗」を上演。

repo_170b

第二次では同じく斎藤弁士によってアニメ「天元突破グレンラガン」を初活弁化。

2013photo_174b

第三次からは坂本頼光弁士もお迎えし、1本の映画を前後半に分け斎藤弁士との「リレー活弁」に挑戦。三朝温泉から『「三朝小唄」を語り隊』の皆様にもご出演頂きました。

131005-09eve-025b

そして第四次―
今年も斎藤弁士と坂本弁士にお越し頂ける事になりました!
目玉企画として鳥取県ゆかりのマンガ作品とコラボレーション!!
題して「活弁マンガまつり」を開催します!!

斎藤弁士は、お馴染みラ・コミック寺西竜也先生とコラボ!
かつてネギマンのコミカライズも手掛けた寺西先生ですが、今回はアノ作品を活弁化します。
先月、寺西先生上京時に打ち合わせをした時の一枚です。

IMG_5224

斎藤弁士と寺西先生は直接会うのはこの日が初めて!(それまではスカイプや電話、メールで打ち合わせを重ねていました)

IMG_5227

斎藤弁士もブログで触れていらっしゃいますが、まさにこれまでの映画事変活弁企画の集大成となりそうな予感がしております。

そして坂本弁士は―
7月末に今企画の許可を頂くべく、事変実行委員長の赤井さんと共にある場所を訪れた時の一枚です。

1911797_722475784502084_8568912588130670898_n

ここは!?

そんな活弁マンガまつりは11/2に開催!
詳細はまた後日!!



便所サンダルダンス~便サン女子慕情~

Posted on

スタッフ旬です。

さる4月18日、晩さん会ならぬ便サン会を催したのでそのもようをお伝えしますよ。

便所サンダル肴に一度飲みたいね~という話は以前からなんとなく出ていたのですが、今回はやはり映画事変スタッフ・長女めいさんの存在が大きかった気がします。

長女めいさんと言えば、次女えみさんと並び映画事変最初期メンバー。
私がまだ映画宴に通い始めの頃は、着物の似合う落ち着いた佇まいの女性といった印象だったのですが・・・

may_on

ハンサムケンヤ」が好きだからと言って御本人のような金髪マッシュに。

o018701871363090745671

次女えみさんも言っていましたが、崇拝する対象が出来るとそのものになりたくなるという境地でしょう。
とにかく好きになったものにはとことん全力投球。

資金だって全力投入。

mei1
マルアン商会さんのツチノコペンケースをフルコンプ(当時)

その常軌の逸した愛情表現は度々周囲をザワつかせます。

件の便サンに対してもここ2ヶ月程で惜しみない愛を注ぎ、ベンサン.JPの利用ユーザー女性部門第一位の座を獲得した程です。

以下の画像はめいさんのTwitterから。

2kwfY
※めいさんの便サンコレクション。畑中葉子さんのヒット曲を感じさせるフレーズも

6wM8d
※めいさんがコレクションを収納する為にオフィスに設けられた、通称「ニシベ箱」

そんなめいさんの日頃の偏愛活動を目にしていた我々としては、何かこう、想いを成就させる場を設けたかったのかも知れません・・・
この日集ったメンバーは以下の通り。

IMG_3979

<左から>

もはやお馴染み、マルアン商会の安齋さん。

便サンの伝道師、ベンサン.JPの飯田さん。

便サンに囲まれて至福の表情を浮かべる、長女めいさん。

これまたイイ笑顔の次女えみさん。

そして私、旬です。

会場に選ばれた「養老乃瀧」新宿歌舞伎町店には全員便サン履きで集まりました。
「養老乃瀧」と言えばマキシマムザホルモン「便所サンダルダンス」にも詩われているように、座敷から便所までの足としてニシベケミカル製ダンヒルを導入している事で知られています。
完璧なシチュエーションと言えましょう。

現実世界では初顔合わせとなる飯田さんとめいさん。

IMG_3952
※養老乃瀧ではなくニシベケミカルのメニューに夢中

めい「みんなどうして普段から便サンを履かないのか分からない。そこに便サンが存在していれば普通履くでしょ。」
飯田「めいさんの様な女性は稀有です。最近私の中に『便サン女子』という概念がありましてね・・・」

便サン女子?飯田さんが続けます。

飯田「近年キリショーコスの一環で便所サンダルに足を通す女性はいるのですが、そうではなく、日常的に便サンを履きこなせる可愛い女性がいたらイイじゃないですか。単に無精だったりとか、アンチファッションとかって気負いもなく、何気なく、それでいて可憐に・・・」

benjyo
※映画宴考現学回の女の子が飯田さんの思い描く便サン女子に近いらしい

飯田「便サン女子、いつかサイトで提唱しようと思って、ドメインまではとってあるんですよね。いて欲しいけれど存在しない。でもどこかにいるんじゃないかという可能性は否定しきれない。まあ言わば私の願望を含んだ妄想ですがね(笑)」

安齋「そういった意味ではツチノコに通じますね。」
飯田「それだ。」

IMG_3973
IMG_3972
※ここでツチノコ登場

めでたく安齋さんより、飯田さんとめいさんへツチノコ探検隊の隊員バッチが授与されたのでした。

tcnk

さらに前回次女えみさんが浜松で入手した「メタダン」を飯田さんへ渡したり・・・

IMG_3964

飯田「ふおおおおおーーーーー!!!!!」
※飯田さんの熱気が空気を震わせて写真がボケました

安齋さんのヴィンテージ・ダンヒルでひとしきり盛り上がったりして・・・

IMG_3963

飯田「むう・・・素晴らしい。この色は一朝一夕で出せるものじゃ無いですよ・・・!!」



宴もたけなわ。
4時間にもわたって繰り広げられた便サン会もお開きとなりました。

最後に一枚、集合写真を撮りました。

one-for-all,-all-for-one

一同「便サン・フォーエバーーーーー!!!!!」
※安齋さんは終電時間が迫って早退したためワイプ参加



いやー、非常に実のある会だった気がします。
特に「便サン女子」というフレーズは新たなトレンドすら予感させますね。
皆様の周りにはいませんでしょうか?便サン女子。



あ、そういえば「養老乃瀧」新宿歌舞伎町店には座敷が無く、したがってダンヒルもありませんでしたとさ!



便所サンダルダンス ⑦

Posted on

スタッフ旬です。

 

前回、ダンヒル・カーキの米子発祥説は見事に覆されてしまいました!

まあ正直がっかりでしたが、ちょっと良い展開もあったので紹介しますよ。

 

かわぐちさんではダンヒルの’97カラーバリエーションをそのまま揃えていると書きました。

IMG_3715

<上>

金茶、モスグリーン、チョコ

<下>

茶、ゴールド、カーキ

この写真をベンサン.JP飯田さんに送ったところ、

「ゴールドはもう絶版のレアカラーですよ!!夢のようだ!!」

と仰り、かわぐちさんにあった在庫を全てお買い上げ頂きました。

赤井さんをして「映画宴30回目にして、ささやかながら地域経済に貢献できました」との事。良かった良かった。

 

飯田さんによれば右上のチョコも絶版レアカラー化しつつあるそうです。地元の皆様、「 かたっぱしから買っちゃって拝め!」ですよ。「買った日から履いちゃって学べ!」ですよ。

 

映画宴翌日、かわぐちさんを訪ねると、奥様は外出中でご主人がいらっしゃいました。

旬「あのう、昨日は奥様に大変お世話になりまして・・・」

川口(主)「ああ、(ニヤリ)ダンヒルの件ですね。」

このご主人がまた奥様に負けず劣らずの洒脱なステキキャラでして、頼んでもいないのに商品の編み笠を被り「良いでしょう?」とおどけて見せてくれます。

奥様も帰って来られたので、記念写真をお願いしました。

IMG_3733

PC中にいるのは飯田さんです。

川口(奥)「ほんとはねえ、この人が出たがっていたのよ。」

旬「次回は是非お願いしますよ!開催未定ですが!」

これまでも映画宴・映画事変の開催に際しては地元の方達のご協力無くしては有り得なかったわけですが、こういった形でイベントに関わって頂いたのは新しい展開だったのではないでしょうか。

個人的にはこういう地元商店コラボ(計らずも)企画はまたやりたいなァと思いましたが、皆様いかがでしたでしょうか??

 

・・・さて東京に戻ってベンサン.JPを訪ねると、届いておりましたよダンヒル・ゴールド!!

IMG_3765

お買い求めはコチラで!もうかなり少なくなっています!

 

というわけで、便サン・ストーリーズはひとまずお終い!

有難うございました。



便所サンダルダンス ⑥

Posted on

スタッフ旬です。

 

・・・永きに渡る戦いに終止符が打たれる時が来ました。

2014-03-28-20.26.22

旬「川口さん、メーカーはカーキと呼んでいる、コレは鳥大医学部特注・・・米子発祥カラーなのでしょうか?」

 

IeG19Qgl

 

IMG_3710

 

 

iida

 

 

IMG_9766

 

IMG_3559

 

09271351_52450eec29ac1

 

 

anzaisan

 

 

2014-03-28-20.26.22

川口「そうではないです。」

会場「ええーーーーー!!!!!!!」

 

ズコーッ。まさかこんな結末が待っていようとは。

どうすんのよこの空気。

 

川口さんが続けます。

川口「何年も前に鳥大医学部のある実験室が、グループによってカラーを分ける為に、発注されて、色々なカラーを揃えたというのが元でございます。」

つまりはもうカタログに存在しているカラーだったという事ですね!

この話が様々な人間の口伝えで広まる内、齟齬を生んだのでしょう。

つーか、川口→安齋→旬なんですが・・・

 

当時を振り返りながら語る川口さんが手にしているのは、なんと’97のニシベケミカルのカタログではありませんか。

当時のカタログに出ているダンヒルは全6色で、その全てがかわぐちさんに現存していました。

IMG_3715

ベンサン.JP飯田さんに見せて頂いた最新のカタログでは全4色になっているというのに・・・!!

飯田さんにも教えてもらったが、これらカラーバリエーションは通常セットになっており、発注ロットとの兼ね合いもあるので、思い通りのカラーを必要数揃えるというのはなかなか難しい事らしい。

川口「うちは昔からのルートですのでね。ふふふ・・・」

創業明治元年、地元と共に歩んできた老舗履物屋のなせるわざと言ったところでしょう。

 

赤井さんもこれまでかわぐちさんでお世話になったエピソードなど披露され、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

 

とは言え、ダンヒル・カーキが米子発祥でもなんでもなかったという事実はけっこうショックだったわけで。

意気消沈の私を更なる悲劇が襲います。

実はプレゼンの最後に飯田さんのインタビュー映像を流すつもりだったのですが、機器のトラブルか音が出ず。

焦っているうちに時間切れとなってしまいました。(とっくに予定時間はオーバーしていたんだけど)

 

ですので、当日流せなかったベンサン.JPの独占インタビューをここにアップ致します。

是非ご覧頂いて、その熱き便サンソウルを感じて欲しい!!



 

こうして私のプレゼンは終了。

この便サン・ストーリーズもちょっと残念な感じの幕切れかと思われました。

でも、嬉しい別の展開もあったりしたのです。それは・・・

1495278_607669579323426_1098692019_o

続きます。



便所サンダルダンス ⑤

Posted on

スタッフ旬です。

 

3月27日、私は次女えみさんと羽田空港にいました。

前回までの便サン探求の功績が認められ、便所サンダルが「考現学」の一つとして映画宴のテーマに並び、私はそのプレゼンターとして渡米する事になったのです。(ちなみにえみさんは「顔ハメ」プレゼンターでした)

便所サンダル出張というわけです。

1396249106722

足元にご注目。

IMG_3648

実はこれ、「スタッズ便サン」と言って、ベンサン.JPで発売に向けて準備中のシロモノ。飯田さん曰く「メイド・イン・ジャパンとロック・マインドの融合!!」との事。その試作品をお借りしてきたのです。

コレ保安検査場通れるの?

1396249147845

あっさり通れたー!!

この写真を撮っていた次女えみさんの方が注意されていましたよ。

 

そして迎えた3月28日、第30回米子映画宴「知ってる?考現学のディープな世界」プレゼン当日です。

この日、私は朝から「かわぐち」さんへ向かいました!(けっこうお昼近かったですが)

ダンヒル・カーキ=米子発祥説の裏を取るべく!!(プレゼン当日にかよ!って気もしますが)

IMG_3710 09271351_52450eec29ac1
かわぐちさんは商店街唯一の履物屋と言われるだけあり、多くのおばちゃん達で賑わっておりました。

実は私、直接お店へお邪魔するのは初めてなんですよね。

この頃にはすっかり便サンマニアと化していた長女めいさんはもう数回通われていたようですが。

お店へ入ると、去年安齋さんが話したお店のおばちゃんとはこの方でしょう。川口久美子さんが対応してくださいました。

川口「やっぱりダンヒルは違うのよ。これじゃないと駄目!っていうお客さんもいるからねえ。」

旬「実は今夜これこれこういう催しがありまして、私がニシベケミカル製ダンヒルについて喋るんですよ。」

川口「じゃあ観に行くわ。」

ええっ。すごい即答。

旬「じゃあいっそ御出演頂けませんか。ステージでダンヒル・カーキの真実をお話し頂けませんか?」

川口「えっ。良いわよ。」

なんと川口さん本人に登壇頂ける運びとなったのでした。

お店もさることながら、人物も間口が広いぜ!

ちなみに、

旬「開宴が夜なので、それまでに何かありましたら電話ください。これ私の携帯番号です。」

川口「登録の仕方が分からないから、アナタやって。」

と、携帯を渡される。

旬「はい。じゃあ鈴木(苗字)で登録しておきますね。」

川口「それじゃ分かりにくいから、ニシベで登録しておいて!」

というわけで川口久美子さんの携帯にはニシベの名で私の番号が登録されています。後々面倒な事態を招かない事を祈りたいと思います。

 

19時半、赤井さんと地元タレント・すやまとしおさんのMCで映画宴が幕を開けました。

すやま「実はマグマ大使に出てくる怪獣サソギラスをデザインしたの私なんですよ!中学3年生の時に公募で選ばれて・・・」

会場「えーっ!!!!!」

だそうです。是非ウィキペディアのすーさんの項目に追記しましょう。

赤井「考現学ってのは、路上観察に近い。身近にあるものを見て現代を考証する事。まあ言ってしまえば、パチンコ屋さんの看板のパの字だけが何故か消えているような事を愉しむ学問ですよ。」

赤井「まずは便サンを熱烈な人物がこれから登場しますよ。」

すやま「私の友達にベンさんっていう人がいますよ!」

げっ。テーマは顔ハメ、便所サンダル、ストップマークの3本立て。頭部スタートでも足元スタートでも真ん中だと思って、けっこう気楽に構えていたのに・・・

1896842_677069662351378_1830472795_n

はい。左端にいるのが私です。

プレゼン内容についてはほとんどこのブログに書いたような事なので割愛しますよ。

なんかもういっぱいいっぱいでしたが、安齋さんや飯田さんを通じて触れた「便サンシーンの熱さ」みたいなのは伝わったのでは無いかと思います。

「ダンヒル・カーキ=米子発祥説」も皆様を胸アツにしてくれたようで、ひと安心です。

1484100_607669599323424_50241773_n

※ちなみに机上の便サンはほとんどが長女めいコレクション

 

だいぶ時間も推してトークも終盤に差し掛かりました。

鈴木「・・・結局カーキどうなんだと。ご本人にお聞きしてみたいと思います。特別ゲスト・川口久美子様お願いできますでしょうか。」

2014-03-28-20.27

川口さん登場!!

どめよく会場。

続きます。



便所サンダルダンス ④

Posted on

スタッフ旬です。

 

前回の記事でベンサン.JPに突撃を試みた我々。

代表の飯田さんにあの疑問をぶつけてみました。

IMG_3723 IeG19Qgl

安齋「コレ私が米子で見つけたダンヒルです。なんでも鳥大医学部の特注カラーを置いているのだと聞きましたが・・・」

飯田「ああ、カーキですね。今のダンヒルの色組みには普通に入っていますよ。」

えっ。

ニシベケミカルの2013年度版のカタログを見せて頂いた。

 

catalog

あったよ。

 

飯田「メーカーはカーキって言っていますが、どう見ても薄黄緑ですよね。鳥大医学部特注っていうのは聞いた事無いですが、他社のOEMで作ったのが流通に乗った前例もありますし、商品ラインナップに入ったというのも無い話ではないと思いますよ。」

安齋「まあ別に米子で専売とかって話でも無いでしょうからねえ・・・」

メーカー体質やら製造工程、マニア事情など巧みに織り交ぜつつ推察トークを展開する二人。

 

ベンサン.JPで扱っているダンヒルの中でも、ブラックやスカイブルーは元々はOEM品が発祥だそうです。

09201556_523bf1ad81d76 10241251_5268994cda6f0※スカイブルーは医療系商社のOEM

ダンヒルのカラー展開については中々全容を把握するのが難しく、さすがの飯田さんもカバーしきれていないとの事。

実際、便サンファンからのツイートでグリーンメタリックなどレアカラーの存在を知る事もあるそうです。

奥が深いぜ。ニシベケミカル製ダンヒル・・・!!

 

というわけで、「ダンヒルのカーキ=米子限定カラー説」は「米子発祥カラー説」に変わりましたが、結局この日それを実証する事は叶わず。

 

そんなダンヒルのカーキを、平栗さんは夫婦便サンにセレクトしました。すっかり忘れそうになっていた。

IMG_4569

一同「おめでとう~。」

安齋「そしたらさあ、こちら(飯田さん)には申し訳無いけど、イッチー(旦那様)サイズは俺が米子で買ったストックがあるからそれを流用しなよ。」

旬「ストック(笑)」

安齋さんはブラックを購入。

旬も気に入ったモスグリーンを購入。

出発前は買わないと宣言していたはずの次女えみさんはなんか2足購入していた

 

楽しい時は早く過ぎるものでそろそろおいとまする時間に。

飯田「いやーっこんなに楽しかったのは久しぶりだ。また面白い事があれば手伝いますので!」

IMG_1497

飯田さん有難うございました。

便サンの並ぶ玄関。(汚してすみません。道中まだ雪が残っていたものですから―)

あ、でも室内では普通にスリッパ履きだったよなあ。そこは便サンで徹して欲しかったところ。

いや、待てよ・・・

toilet

TOILET

流石。

たとえスリッパに足委ねたとて「便」を冠する事は忘れていないわけだ。

頭が下がります。

 

さて、次回はダンヒル・カーキの真実を求め、米子便サンの聖地(長女めい呼称)・かわぐちさんへ飛びます!

IMG_7961

続きます。



便所サンダルダンス ③

Posted on

スタッフ旬です。

すっかり便所サンダルに魅せられ、便サン専門通販サイト「ベンサン.JP」へと向かったのが前回までのお話―

 

2月11日の建国記念の日、大江戸線「落合南長崎」というあまり聞き慣れない駅で下車し、地図アプリを頼りに歩く事7分程、目的地へ到着しました。

IMG_3654

便サンビル。

便所要素を微塵も感じさせない小綺麗な建物で、看板などは出ていません。

 

代表の飯田さんが一行を迎えてくれました。

ここで登場人物を紹介しておきましょう。

IMG_0796

<左から>

三度の飯より便所サンダル、ベンサン.JP飯田さん

昨年映画事変に米子で謎カラーのダンヒルを発見したのはこの人!駄菓子・駄玩具怪人であり、便サンへの造詣も深いマルアン商会安齋さん

CREAMTOYZ平栗さん。一見可愛らしい、ぬいぐるみのパタンナーさんですが、どこかに狂気を秘めているのは確か。翌日に入籍を控えており、旦那様とのペア便サンをセレクトしてもらうのが今回の趣旨という事を忘れてはいけません。尚、ここに来るまで何も告げてはいませんでした。

そしてお馴染み次女えみさん。写ってはいませんが私、もいます。

 

琉球ガラスの通販サイトを運営する傍ら、好きが高じて昨秋からベンサン.JPも稼働させたという飯田さん。

「通販メインなのですが、ここまで来てくれれば手売りもしますよ。」

基本的に祝日休みとの事だが、前日に電話したところ快く対応頂きました。

突撃企画のように書いていますが、ちゃんと手順は踏んでいるのです。えっへん。

 

旬「サイト見て爆笑しました。」

飯田「いやー昨日も遅くまでサイト用にこんな写真撮っていましてね。そのまま寝ちゃって起きたところなんですよ。」

iida

確かに同じ服です。

「ちなみに電話番号はゴキュパッパ ナーナークッシーで、全く意味の無い語呂合わせになっています。前に車内広告でこういうの見かけて、コレだ!と思いましてね。わはは。」

「ある程度サイトが充実してきたらタモリ倶楽部とかに取り上げてもらえたらなーと。TV局に連絡入れようかと思っているんですよ!」

中々に野心家でいらっしゃいます。

「まあとにかく見てください。」

IMG_2510 IMG_9766

ゴソゴソ。

飯田さん垂涎の便サン達が並べられてゆきます。

 

ベンサン.JPで取り扱うブランドは、森川ゴム工業所の「Health」、丸中ゴム工業㈱の「PEARL」、㈱ニシベケミカルの「V.I.C」の三強!!

字面だけ見て誰が便所サンダルだと思うでしょう。

中でもファンの熱狂的な支持を集めているのが、安齋さんの言っていた通り、V.I.Cの「ダンヒル」だそうです。

09201556_523bf1ad81d76

ダンヒルのブラック。

飯田さんが実物を取り出した時、皆が「カッコイイ~」とため息交じりに見惚れていたのが印象的です。

 

そこから一時間くらい便所サンダルで盛り上がり続けたのではないでしょうか。

 

安齋「私はマキシマムザ亮君が公言する前から、『これは良い便サンだ。』と履き続けている。10年程前に下北の靴屋のおじさんに『これ正式名称なんて言うの?』と尋ねたら、しばらくカタログを見て『ダンヒル!』と言われた。それ以来ダンヒルと呼んでいる。」

 

安齋「ダンヒルは履き初めこそ硬いなって思うけど、そのうち自分の足になる。」

飯田「そうそう。沢山履き散らしてあっても自分のは足を通せば分かる。」

 

飯田「最近は靴を履くのも馬鹿馬鹿しくなってきた。」

安齋「以前に青春18きっぷで北海道から東京までダンヒルで通して実証しましたよ。」

 

えみ「鼻緒も本体も一個のゴムの塊で、ゴロッとした感じが良いですよね。」

平栗「さすがメイド・イン・ジャパンの一体成型ですよね。社長がドイツ製の過熱機械を導入したのがニシベケミカルの創業だとかって記事をネット上のpdfデータで見た事あります☆」

飯田「みんな詳しいな(笑)」

 

安齋「以前ネコの糞を踏んだ時、勝手に捨てられて家族とモメた二度目踏んだ時には爪楊枝でほじってアルコール消毒して今でも履いている。」

 

IMG_6983  IMG_5170

 

飯田「V.I.CⅢはやばい。裏が違う。雪を捉えて離さない。私なんかこれ履いて雪かきしていますからね!」

安齋「でもかかとは出ているわけだから結局そこは濡れますよ。」

 

飯田「香ばしい感じの靴屋を見つけると必ずデッドストックをチェックします。」

 

飯田「私は便サンが広まればそれで良いと思っているので、どこそこの店にアレがある!とかって情報はツイッターで発信するようにしています。だって私のサイトで買うより安いでしょ(笑)」

 

飯田「小売店で買って来て、そのままの値段で売っているものもありますよ。」

安齋「慈善事業じゃないですか!」

 

・・・などなど、名言が出るわ出るわ。

 

ここまで便所サンダルに精通した飯田さんであれば、あの説についてもご存じなのでは―!!

IeG19Qgl

これって米子限定カラーなの!?

 

続きます。



便所サンダルダンス ②

Posted on

スタッフ旬です。

前回の続きです。

 

2月6日、定例の「映画事変妄想会議」で便所サンダルの話をしました。

「次回事変にマルアン商会安齋さんをゲスト扱いで招いて駄菓子・駄玩具企画をやりたい!」という私の妄想提案がきっかけで、前回記事でも書いた、米子限定ダンヒルのエピソードを披露したのですが―

 

たいそう盛り上がりました。

 

長女めい「私も便サンは前々からイイと思っていた。」

旬「本当ですかー!!」

そんな中、PCをカチャカチャやっていた事変実行委員長の赤井さんがステキサイトを発見してしまいました。

ベンサン.JP

bensan

そう、便所サンダル専門の通販サイトなのです。

存在自体が面白いのですが、店主の溢れ出る便所サンダル愛とセンスの良さが隅々まで行き届いており、めちゃ面白い!!

赤井さんも「話それて悪いけどちょっと声に出して読ませて!」と、キャッチコピーの音読を始めるくらい。

秀逸なコピーの数々は是非、サイトへ飛んでお確かめください。

ベンサン.JPのテーマ」なんてぇのも公開されていますよ。

その日の妄想会議は完全に便所サンダルに持って行かれたのでした・・・

 

そして2月10日、赤井さんがベンサン.JPを推すツイートをします。

akai

赤井さんツイートから数分後、それを目ざとくリツイートした二人の男がいました。

ben&an

ベンサン.JPマルアン商会です。

 

えー実はこの時私、ちょうどマルアン商会の安齋さんと、共通の知人への入籍祝いの品の相談をしていた最中でして・・・

ごく自然と、「便所サンダルを贈ろう―」という流れになるのでした。

 

翌日、我々はベンサン.JPを運営する「中野フジヤマ堂」へと向かっていました。

 

続きます。