第三回池袋シネマショッキング

久々のタジホー君だホー。
この前の土曜日に
「第三回池袋シネマショッキング 田口清隆監督特集 自主制作映画祭り」
……というイベントに行ってきたホー。

上映作品は
「DUST」
「ある夏の戰い」
「クライシス北の國から」
「DONPA」
「ZONE-絶対区域-」
+当日来た人達だけの間のひみつの作品

の6作品だったホー。

1作品ごとに田口監督が出てきて
「これは同窓会で盛り上がる用に撮った同級生しか出ないやつなんで」
とか
「プロの俳優さんは出てこないです」
とか
「どこに出すあてもなく撮った作品です」
とか
「居酒屋で盛り上がってGWだけで撮りました」
とか
上映後、上映前の解説をしてくれるんですけど

どうして同窓会用とかどこかに出すつもりもなくで撮った作品のクオリティがこんなに高いんだ。

真顔でそう思いながら観てましたホ……。
特に同級生さんたちが出てる作品は、素人には違いないんでしょうけど、カメラ回してるのが同級生だから、友人に見せる表情で、自然なんですよねホー。
だから素人だからどうのというのはあまり感じないんですホ。

上映後のトークショーでDUSTに出演されていた緒方あかりさん、色々出演されていた高橋麻琴さんと監督でお話しされてましたホ。それも楽しかったですホ。あかりさんは目の前で見ると頭の小ささに驚きますホ。DUSTは米子でも見ていましたが、実物すごいですホ……。そして可愛かったですホ(゚∀゚*)

客席での質疑応答で
「『G』で出たのと同じ電車のシーンがあったと思うんですが」
という質問がありましたホ。
確かに同じ素材だそうですが、「G」では合成していて、「DONPA」では撮影時のまま使っていたそうで、よく気が付きましたねーと監督が関心することしきりでしたホ。そして撮影ポイントも教えてくれましたホ。

関係ないけど
オイラは「スタートレック・ヴォイジャー」で「新スタートレック」の映像の使いまわししてたのには気が付いたことがありますホー。
(謎の対抗心)

トークショー後監督を囲んで飲み会という贅沢なイベントでしたホ。
最後に参加者&監督で記念撮影!!

第三回池袋シネマショッキング

実写版パトレイバーの監督を田口監督とやっている辻本監督もいらしてましたホ。

田口監督&辻本監督
あっ、辻本監督、パトレイバーの中で見たほど、オタクっぽくない……
演出だったかホー!!!

楽しいイベントでしたホ。

……という田口監督が、第四次米子映画事変でイベントやりますホ。ぜひ来てくださいだホ。

自主制作怪獣祭、楽しそうだホー。